アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

iPhoneの写真のバックアップ方法

読了までの目安時間:約 3分

 

098

先日、奥さんのiPhoneをアップデートしようと、
Wifi接続にてアップデートをしていたら、
どうやらクラッシュしてしまい全てのデータが消えてしまいました。

 

去年亡くなった愛犬の写真や息子が産まれてからの写真など
沢山の大事な思い出を収めた写真が消えてしまった訳です。

 

まさかアップデート中にクラッシュするなどとは思わず、
バックアップを取らずにいたため、データは返らぬものとなりました。

 

で、今回はこれをお読みの方が二の舞にならない様、
「iCloud」以外でiPhoneの写真をバックアップする方法を
書いておきたいと思います。

Dropboxを使ってバックアップを取る

手順を説明します。

1.Dropboxのアカウントを作成

AppStoreからアプリをダウンロードしても作成できますが、
下のリンクからアカウントを作成されるとボーナスで容量がアップします。
宜しければお使いください。

ドロップボックス アカウント作成

2.PCにドロップボックスをインストールする

iPhoneをお持ちなら基本的にPCもお持ちだと思われるので、
そのPCにドロップボックスをインストールしましょう。

※iPhoneのみでしか使わない場合、もしかしたらこの手順は省いてもいいかもしれません。

3.iPhoneアプリをインストールする

AppStoreにて「Dropbox」と入れて検索すると出てきます。

4.写真をバックアップする様に設定する

DropboxのiPhoneアプリの設定画面にて下記の様にする。

設定 > カメラアップロードの画面で

IMG_1616[1]

カメラアップロード ⇒ オン
携帯ネットワークを使用する ⇒ オン
バックグラウンドでのアップロード ⇒ オン

こうしておくと、バックアップを取れる体制になります。

バックアップの取り方

上記の設定にしてから定期的にDropboxのアプリを起動させると、
バックアップを取ってくれます。

最初は枚数が多いと思うので何回も起動する必要があるかもしれませんが、
一度現在のデータすべてをバックアップしてしまえば、
何日かに一回起動するだけで十分かと思います。

 

iCloudとドロップボックスの両方でバックアップする事で
より確実なバックアップになる事でしょう。

ブログでのカテゴリとタグの使い方の違い

読了までの目安時間:約 3分

 

097

ブログの機能にはカテゴリとタグというものがありますが、
似て非なるものであると考えています。

 

実際に私がどの様にこの二つを活用しているか?
について書いておきたいと思います。

カテゴリとタグの共通点

これはどちらもSEO的にキーワードとしての効果があるという点です。

 

どちらも設定しているキーワードで検索上位に来ることがあります。
ですので、SEO的に重視される部分でもあります。

 

カテゴリは複合ワードでも良いと言われていて、
タグは単体ワードが良いとも言われていますが、
私はタグも状況に応じて複合ワードでも良いと思っています。

カテゴリとは?

私の考えるカテゴリとは本で言うならば、「章」と考えています。
別の言い方をすれば、「ジャンル」

 

タグよりももっと大枠で分類するものと考えています。

カテゴリの使い方

実際にこの記事のカテゴリを見ていただくとわかるのですが、
「SEO」「ブログアフィリエイト」の2つのカテゴリに設定しています。

 

この記事は「SEOとブログアフィリエイトに関わる事を書いています」
という事がわかる様にしています。

タグとは?

私の考えるタグとは本で言うならば、「索引」と考えています。
「キーワード」ですね。

 

カテゴリより更に細かい分類だと思っています。

タグの使い方

こちらも実際にこの記事のタグを見ていただくとわかるのですが、
「カテゴリ」「タグ」「使い方」「ブログ」と設定しています。

 

この記事は「カテゴリとタグと使い方の事を書いています」
という事がわかる様にしています。

カテゴリとタグの違い まとめ

どちらもキーワードを意識するとSEO的効果が得られるものなので、
キーワードそのもので設定することも少なくない二つですが、
本質的には訪問者の方が情報を探しやすくするためのものではないでしょうか。

 

キーワードそのものを設定することでそれが満たせるのであれば、
それで構わないと思います。

 

SEOというものは検索エンジン対策目線なので
そこを最優先すると訪問者目線がおろそかになりがちです。
そこに、訪問者目線を取り入れることでより良いサイト構築ができると
ここ最近よく感じています。

 

検索したい用語(単語)が一部しかわからない時の検索方法

読了までの目安時間:約 1分

 

097

検索したい単語が一部しかわからない時に検索する方法があります。

それはわからない部分に「*(アスタリスク)」を入れる方法です。

 

例えば、投資用語ですが、MACD(マックディー)の日本名称、

「指数平滑移動平均線」という単語の「指数」と「線」しか出てこない場合、

「指数*線」と検索すれば、「指数平滑移動平均線」が検索結果に出てきます。

 

最近は最初の何文字か入れれば予測変換でたどり着ける場合が多いですが、

上記の例では「指数」だけでは出てきません。

この様に、わかる範囲だけ入れても出てこない場合は

一度この様な検索方法で試してみてもいいかもしれませんね!

 

※ちなみに、グーグル以外で通用するのかは知りません。

アフィリエイトで法人化をするメリット

読了までの目安時間:約 4分

 

098

アフィリエイトで法人化をするメリットについてお話したいと思います。

 

アフィリエイト報酬月30万平均の場合

個人事業主

仮に経費が0としたら、所得金額が360万円になります。

 

青色申告なら、ここから青色申告控除で65万円、基礎控除で38万円が引かれます。

他に控除がないとすれば、課税所得金額が257万円となります。

 

ざっくりですが、所得税は約16万円。

住民税が30万ほどで合計46万円程度になります。

 

もし青色申告にしない場合、

所得税は20万ほど、住民税は36万ほどになり、

合計で56万円ほどの税額になります。

 

ここから更に個人事業税がかかります。

上記の例であれば所得金額は360万円で

控除額が290万円になるので課税対象は70万で

5%の3.5万円が事業税として必要になります。

 

利益が360万円残った場合は、およそ50万円程の税金が必要になりますね。

(青色申告時)

法人

法人の場合は個人事業主とは違い、最初に給与を決める必要があります。

 

仮に事前に月30万と決めていた場合、所得金額は360万円。

ここから給与所得控除で65万円、基礎控除で38万円となります。

他に控除がないとすれば、課税所得金額が257万円となります。

 

ざっくりですが、所得税は約16万円。

住民税が30万ほどで合計46万円程度になります。

 

ここまでは個人事業主と一緒です。

ただ、ここからが違うのが、何点かあります。

 

まず、個人事業税の代わりに法人税。

利益の40%と均等割で7万円前後(地域により異なる)

 

仮に360万円まるまる給与所得としたら、

法人としての利益は0なので均等割だけになります。

 

 

次は、アフィリエイト報酬が急激に伸びた場合。

得てしてアフィリエイト報酬というのは一気に数十万単位で増えたりします。

 

こうなった際でも、個人の所得は給与で変わらないので

個人の税金の変動はありません。

 

法人として利益が出たら法人税が発生しますが、

個人事業で同じ分だけ利益が出た際の税金に比べると

大抵の場合は法人の方がお得なはずです。

 

 

更に、法人にした際に個人事業主を残しておく場合。

例えば、FX取引などをするとかもそうですし、

法人のアフィリエイト事業以外を個人事業で行うなどです。

 

これを青色申告するとしたら、

65万円までの利益は控除が受けられます。

 

全てが個人事業主だと利益すべてに税金がかかってきます。

給与所得と事業所得を分けることで

給与所得控除と青色申告控除の両方を受けることが可能になります。

 

少しややこしいですが、

この違いを知っておくと法人にしない理由がないほどですね。

 

また何か思いついたらこのカテゴリーに追加していきますね。

アフィリエイト関連の月額会員サービスの勘定科目

読了までの目安時間:約 1分

 

097

アフィリエイトをしていく上で

何かしらの月額会員サービス会費が発生するかと思います。

 

その会費の勘定科目はどうするか?について、

前回の記事でも少し触れていますが、

私の場合は用途に応じて科目を分けています。

 

例えば、

画像(ヘッダー、キャラクター、アイコンなど)の有料サービス ⇒ 広告宣伝費

情報(SEO、トレンド、ノウハウなど)の有料サービス ⇒ 研修費

といった感じです。

 

その月額会員サービスは何の為のものなのか?

を考えて、適当な科目に振り分けられると良いかと思います。