パワーサイトアフィリエイト レビュー

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

パワーサイトアフィリエイトをレビュー

読了までの目安時間:約 6分

 

powersiteaffiliatemenbersite

どうも、そうまいです。

 

最近、パワーサイト…いや、私の周りではコンテンツサイトと言っているのですが、いわゆるコンテンツ量の多中規模~大型のサイト構築にあたり、色々な商材を読んで見識を深めています。

 

その中でたどり着いた教材の一つが、今回レビューをするパワーサイトアフィリエイトです。

 

 

公式サイトはこちら >> パワーサイトアフィリエイト

 

 

 

早速レビューしていきたいと思います。

まず結論が好きな私は結論から書きます。

 

結論

無料ブログから始めたいかなり初心者寄りの人にはおすすめだけど、ある程度アフィリエイトを経験している方なら買う必要性は感じない。

 

また、価格を踏まえた際、初心者の方でももっとお勧めできる商材はある。

 

という感じです。

 

ところどころ、中級者以上でも役立つ部分はあるかと思いますが、ほんの一部です。

その為だけにこの商材の金額を出すのは、もったいないと思います。

 

 

 

ただ、フォローメールが30日ぐらい続くらしいので、その内容がどんなものか?という点次第では評価を変える可能性はありますが、現状ではこれが率直な意見です。

 

 

 

ざっくりと点数評価にすると…

 

40点

 

ぐらいかなと思います。

 

 

これは、アフィリエイトである程度稼げている目線からの感想ですので、初心者の人であればもう少し高い点数(60点ぐらい)でもいいかもしれません。

 

 

 

役立った点

最初の30ページまでの序盤部分になりますが、いくつかのジャンルやキーワードをもとに、「これならこういった感じで稼ぎます」という事例で何点か参考になりました。

 

私がこれから攻めていくジャンルについても発想が広がった点は良かったなと思います。

 

 

不満だった点

基本的には知っていることが多かったので復習としては良かったですが、個人的には半額ぐらいの価値しか感じられませんでした。

 

先ほども書きましたが、フォローメールにどんな感じの内容が書かれてくるか次第では評価を変える可能性はあります。

 

 

買った方がいい人、買わなくていい人

最初にも書きましたが、初心者の方で割と一つのことを集中していくようなタイプや、何かお金に繋がりそうな趣味がある人は買ってみても良いと思います。

 

また逆に同じ初心者でも、割と飽き性で一つの事を続けられないタイプの人は買わない方が良いと思います。たぶん、続かないので。

 

 

教材の半分ぐらいはブログの開設や設定などの初心者向けコンテンツになるので、中級者以上の方はほんの少し目新しい情報が取れるぐらいだと思うので、金額と割に合わないと思います。

 

 

まとめ

結構辛口なレビューになってしまいましたが、これが正直な感想ですね。

 

冒頭にも書きましたが、このノウハウが稼げるかどうかでいうと、稼げない商材ではないと思います。

つまり、ノウハウそのものは間違ってないという事です。

 

ただ、結構内容が抽象的と言うか漠然としている部分が多いので、これだけで稼げるようになるにはよっぽど勘が良くないと難しいかもしれませんね。

 

 

私のパワーサイトアフィリエイトに関してのレビューは以上になります。

 

公式サイトを見る方は >> パワーサイトアフィリエイト

 

 

 

最後に!

 

ここまでちゃんと目を通したあなたのために、おすすめの教材をご紹介します。

 

初心者~上級者まで間違いなく役立つ教材となっていて、内容からもコストパフォーマンスがかなり高い教材です。

 

パワーサイトアフィリエイトの概念も言葉は変われど、教材内でほぼほぼカバーされていますし、サポート体制もこちらの方が良いと思われます。

 

是非、こちらと見比べて検討してみてください。

 

>> LUREA

 

 

正直…この値段でこれ以上の教材はないと思いますね…。

 

 

日本語ドメインは今でも有効か?

読了までの目安時間:約 4分

 

095

どうも、そうまいです。

 

「日本語ドメインは今でも有効ですか?」

 

日本語ドメインを使った事がない方から、よく受ける質問です。

それについて、私なりの回答をしたいと思います。

 

 

 

これは記事を投稿した2013年11月29日現在の話です。

 

結論から書くと、日本語ドメインは今でも有効です。

これは間違いなく言えると思います。

 

ただ、昔ほどの優位性はないと感じています。

 

 

2011年末~2012年前半頃と今の日本語ドメインの効果の違い

私が日本語ドメインを使い始めたのが2年ちょっと前ぐらいからだと思いますが、その時は弱いキーワードだったらキャッシュされると同時に検索1位!という現象が多発していました。

 

なので、作った翌日から報酬が発生するなんてこともままありました。

 

最近はここまでの効力は私自身見たことがありません。

当時と比較すると、そういった意味での優位性は落ちていると思います。

 

 

私自身、現在でも日本語ドメインは使っていますし、実際に短期間で上位表示されているサイトもいくつもあります。

全くの被リンクなしで2ページぐらいまでなら、キーワードによっては来たりしますし、少し前ならいきなり1ページ目というのもたまにはありましたね。

 

 

現状で有効と思われる日本語ドメインの使い方

個人的には、

 

日本語ドメイン+中古ドメイン

 

の組み合わせが今は良いかなと思っています。

 

 

 

日本語ドメインでターゲットサイト(収益化するサイト)を作成し、中古ドメインでサテライトサイト(被リンクサイト)を作成して日本語ドメインのサイトにリンクするという形です。

 

キーワードによっては、中古ドメイン数サイトからリンクすれば検索1位を取れます。

 

これは実際に私が過去に何度も実現しているので、現時点では断言ができます。

 

 

中古ドメインをこれから初めて使うなら

これから中古ドメインデビューするならこちらのサービスをお勧めします。

 

 

>> ザンワーズ ランクS

 

>> ザンワーズ ランクA

 

 

2種類ありますが、圧倒的にランクSをおすすめします。

で、1年ぐらいサービスを継続して色んなドメインを使ってみながら、中古ドメインの感じを掴んだら自身で探したりするといいかもしれません。

 

おそらくですが、最初から自分で探すと高い確率で失敗すると思います。

 

 

 

さて、話が少しそれましたが、以上の様な私の経験からも、日本語ドメインは現在でも有効だと言えます。

 

また日本語ドメインについてもあれこれ書いてみようかなと思います。

 

 

Firefoxの収益源はGoogle?

読了までの目安時間:約 3分

 

089

どうも、そうまいです。

 

Firefoxの収益源はGoogleなんだそうです。

 

 

あ、正確にはFirefoxを運営するMozillaの主な収益源がGoogleだということですね。

 

 

 

インターネットのブラウザシェア第2位のFirefoxですが、そのFirefoxの右上に検索窓があるらしく、そこからGoogleに移動するとMozillaに収益が入る仕組みになっているとのこと。

 

これが2012年度は約283億円にもなっているそうで、全体の収益の90%にもなるそうです。

 

 

 

面白いビジネスモデルだな~と思った次第です。

 

調べてないのでわかりませんが、このビジネスモデルはどちらから提案したものなのか?少し気になるところではありますよね。

 

 

 

アフィリエイトも一部で利用者が続ける限り報酬も継続されるタイプの広告がありますが、やはり継続してお金が入り続けるビジネスモデルは安定感もありますし良いですよね。

 

サイトアフィリエイトの場合、検索順位によって左右されたりする面もありますが、順位を維持できればお金を生み続けてくれます。

 

寝てても遊んでてもです。

 

 

私も昨年の一時期ほぼ仕事ができない時が二ヶ月近く続きましたが、毎月100万円以上の報酬が過去に作ったサイト達から発生していたんですね。

 

これほど、過去の自分に感謝した事はありませんでしたね。

 

 

 

というわけで、いつも最後はこうなるのですが、やっぱりアフィリエイトっていいビジネスモデルだなと思うわけなんですよね。

 

みなさんも、やらないともったいないと思いますね、本当に。

 

 

アフィリエイトで意外と稼げるジャンルは?

読了までの目安時間:約 5分

 

097

どうも、そうまいです。

 

「アフィリエイトで意外と稼げるジャンルは?」

 

 

 

これ、実は割とたくさんあったりするんですよね。

「意外と」という点が大事だったりします。

 

例えば、「脱毛」「看護師」「キャッシング」とかのジャンルって当たり前に稼げるというか。有名なので何の意外性もないわけですが…

 

実はこういうジャンルが稼げたりするんです…。

 

 

趣味のジャンルで稼ぐ

ざっくばらんに言ってみると、「あなたの趣味」が意外と稼げるジャンルの可能性があります。

 

 

 

女性の場合の例

あなたが女性で美容に関することが好きなら、それをアウトプットするブログを作って化粧品のレビュー、エステサロンのレビューなどで稼ぐ事が可能になります。

 

化粧崩れしにくいメイク法とかもいいでしょうし、そういった化粧品を紹介するのも良いと思いますね。

 

 

男性の場合の例

あなたが男性でゴルフが好きだとしたら、行った事のあるゴルフ場の感想などを書いたり、買ってみたクラブの使い心地、読んで役立った本、観て参考になったDVD、ゴルフウェアなどなど…色々と紹介できるものはあると思います。

 

またゴルフであれば、ゴルフ保険が付帯したクレジットカードとかの紹介も良いですよね。ホールインワン保険とかそんなのもあったと思います。

 

 

趣味だと苦が無く続けられるメリットがある

この様に、「趣味」を活かして稼げる可能性があるわけです。

そして、趣味だから苦が無く続けられる上に、人より詳しいので役立つコンテンツが簡単に作成できてしまうんですね。

 

もちろん、需要の少ない稼げない趣味もあると思うので、そういった方は違う形で稼ぐしかありませんが…。

 

 

 

私は競馬ぐらいしか趣味がないのですが、競馬でしたら、競馬のノウハウ商材を購入してそれを実践したブログを書いて、そのノウハウ商材を紹介するという方法で稼げますよね。

 

そういった事もやったりしています。

 

 

 

あとは、友達の趣味ブログを私が運営して報酬の一部をいただくというプロジェクトも最近開始してみました。

 

ジャンルは釣りですね。

これで月15~20万の利益を出して、それを友人で分け合おうと思っています。

 

色々と稼げる案が出てくるので楽しみですね!

あなたが特に目立った趣味がないなら、友達で何か趣味がないか聞いてみて共同でやってみるのも面白いと思います。

 

 

あなたも是非、ご自分の趣味が稼げそうか?

一度、自問自答してみてください!

 

 

 

ちなみに、趣味を活かして稼ぎたいならこの教材がとても役立ちます。私も持っていますが、ノウハウの質からも値段はかなり安いと思います。

 

>> ライバル不在の趣味ブログで稼ぐノウハウ

 

 

 

もし、こんな趣味は稼げそう?とかありましたら、是非是非コメントください!

何か思いついたらアドバイスさせていただきますので。

 

 

ライバルサイトSEO調査【大人ニキビ】

読了までの目安時間:約 4分

 

095

どうも、そうまいです。

 

この記事を書いている現在で、「大人ニキビ」で1位にいるサイトのSEO状況をサクッと調査してみましたので、メモ代わりとして書いておきます。

 

ライバルサイトと書いてますが、私は特に「大人ニキビ」の単体ワードで狙うつもりはありません。

 

ただ、調査をしていて、本気で狙えば1位を狙えなくはないワードかなとは思った次第です。

 

 

ライバルサイトSEO調査

対策ワード情報

  • 対策ワード:大人ニキビ
  • 月間検索回数:9900回

 

※検索回数はグーグルキーワードプランナーを参照。

 

 

SEO対策状況

 

  • H1タグ:大人ニキビ研究室
  • メタキーワード:なし
  • メタディスクリプション:なし

 

  • 被リンクドメイン数:10
  • 被リンクサイトPR:PR2×10

 

  • アンカーテキスト:

大人ニキビ…3

大人ニキビ研究室…5

大人ニキビ研究室はこちら…1

大人ニキビ研究室へ…1

 

  • リンク位置:

個別記事の最下部…7

トップページメインコンテンツ最下部…3

 

 

メモ

被リンクサイトはすべてPR2の中古ドメインで、SEO的にペナルティを食らう可能性があるとされる中国系のドメインも混ざっていた。

 

メタキーワードとメタディスクリプションの設定がされていないのはわざとかと思われる。

 

また、対象サイトは、こちらのテンプレートをカスタマイズして使っていると推測。

 

 

対策ワードの「大人ニキビ」、H1タグの「大人ニキビ研究室」がすべてのアンカーテキストに含まれている点は個人的に少し気になる。

 

ドメイン取得から約半年経過している今、実際に上位表示されているので、今後どうなるかはわからないが、やはりアンカーテキストに対策ワードが含まれている数が多いと上位表示に結び付きやすいのだと思う。

 

 

あと、このサイトの日本語ドメインの様子からも、日本語ドメインが対策ワードのみの文字じゃないと上位表示できないというのは都市伝説であると言える。

 

ただ、いつから上位表示されていていつまで上位にいるのかわからないので、少し今後も動向を調査しておきたいサイト。

 

 

1 2 3 7