アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

J塾でPPCアフィリエイトを学びます

読了までの目安時間:約 4分

 

jjyukumemberpage

どうも、そうまいです。

 

現在1期生の募集(~2014年3月7日まで)がされているPPCアフィリエイトを学べるJ塾に入塾しました。

 

開講は3月10日からなのですが、塾生サイトは開放されておりマニュアルや動画などが一部見られるようになっています。

 

何故入塾したのか?J塾ってどんな感じなの?ということについては、こちらのサイトにまとめましたのでこちらをご覧になってみてください。一応、特典もつけています。

 

 

>> J塾式PPCアフィリエイト【1期生のレビュー】※入塾特典付

 

 

J塾でPPCアフィリエイトを学ぼうと思った理由

私はこれまでSEOを中心にやってきましたが、過去記事「2014年1月22日のGoogleパンダアップデートの手動ペナルティについて」にも紹介している様にペナルティを受けて順位が大幅に低下したり、サイトのコンテンツが盗用されるなどの嫌がらせを受けてサイトの評価が下がるなどがあり、収益の安定という意味では不確定要素が多い部分があります。

 

せっかくサイトを時間かけて作ってもアクセスすらないまま終わる事も多いですしね。

 

 

その点、PPCは結果がわかりやすく、収益につなげられるまでの期間も短いです。ここはどちらか片方ではなく、両方をこなしていくことでリスクヘッジをしながら収益を伸ばしていく事ができるかと思っています。

 

今年になってから特に、PPCを学ぼうと思っていたところに、このJ塾の募集があり、このJ塾のプロデューサーでもあるパワープロデュースの山本行影さんは私が尊敬する人物の一人ですので、この塾に入塾して学ぶことを決めた次第です。

 

 

1期生だと塾の精度が低いと考える人もいると思いますが、個人的に1期が一番塾長と密にやり取りができるのではないかと考えています。

 

何故なら、1期生に結果を出してもらわなければ塾は継続しないわけです。となると、1期生に結果を出してもらうためには塾長も当然手厚くサポートをしてくれることになります。

 

結果を出す人が多く2期になったとしたら、当然人数が増えてきますので1人に割ける時間が減る事になるでしょう。

 

つまり、個人的なやり取りを多くできるチャンスは1期が一番多いと思っているわけです。だから、あえて1期から入る事にしました。

 

 

山本行影さんがわざわざ継続性のないビジネスを新たに展開するとも思えませんので、ノウハウそのものには再現性があると思っています。

 

 

ついつい、長くなってしまいましたが、上記のような考えからJ塾に入ってみました。J塾についてはこちらのサイトに書きましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

>> J塾式PPCアフィリエイト【1期生のレビュー】※入塾特典付

 

 

いますぐ公式サイトに行く方は >> J塾1期生募集サイト

 

 

HTMLサイト作成ツールAXISのレビュー【弊社スタッフ編】

読了までの目安時間:約 5分

 

axis

どうも、そうまいです。

 

SEO対策のテンプレート分散の一環で、AXISというサイト作成ツールを購入してみました。

 

 

AXIS公式サイトはこちら

 

 

で、最近はスタッフさんに主にサイト作成をお任せしているため、私はまだ操作をしていないのですが、スタッフさんにレビューを書いてもらいましたので、気になっている方は参考にしてみてください。

 

私なんかが書くとどうしても少し商売っ気が出てしまいますが、スタッフさんは本当にありのままを書いてくれているなと思いますので、参考になるレビューだと思います。

 

 

弊社スタッフさんのAXISのレビュー

セットアップ

ツールのダウンロード、サーバーへのアップロードはFTPソフトを使わなければなりません。
FTPに慣れている人なら問題はないと思いますが、サーバーに慣れていない人には難しいかなと思いました。

 

普段WPの自動インストールに慣れていたり、AXIS以外のサイト作成ツールに慣れている人はちょっと戸惑うかもしれません。

 

ファイルを自分でアップロードするには、サーバーのどこにアップロードすればいいかを理解してないといけないうえに、FTPソフトの使い方も理解していなくてはなりませんので初心者にはかなり敷居が高いツールだと思います。

 

また、使うたびにいちいちアップロードしてセットアップはけっこう面倒だなと思いました。

 

マニュアルにこのあたりの詳細な説明があればもっと設置は楽になると思いますが(特に各サーバーへの詳細な設置方法について)大雑把な説明しかないので、戸惑うところがありました。

 

設置自体は、正しい場所に入れさえすれば、あとは簡単に進みます。

サイト設定からカスタマイズ

サイト設定はとても簡単です。特に操作で分かりづらいところはありません。

 

カスタマイズの範囲がとても多く、最初はこれに戸惑いました。

 

ここにあれを置きたいんだけど、どこを触ればいいのかがわからない!という戸惑いです(笑)

 

カスタマイズできることが多すぎて、探し当てるのに苦労します。

 

オンラインマニュアルはあるにはあるのですが、あまり親切なマニュアルではないですね…視覚的にわかるようにしてくれていればわかりやすいのですが、主に操作方法の説明なので、こちらも慣れるまで大変でしたね。

 

ユーザーページからサイト管理が一括でできるのはいいなと思いました。

 

あとサーバー設置型なので、ネットにさえつなげれば、どこにいてもサイトの管理ができるのはとても便利です。

 

その他

カスタマイズが多いということは、基本はシンプルだということです。

 

手を加えないといけないところが多くて、サイト作成には時間がかかりますね。

 

シンプルなあまり、テンプレートが少ないのも不満なところです。

 

が、カスタマイズを覚えると本当にいろんな形のサイトができそうです。

 

使いこなせるようになれれば、時間短縮も可能になりそうですがそれまでには多くのサイト作りが必要そうです。

 

サイトのインストールがもっと簡単になることと、カスタマイズが視覚的にわかりやすくなれば最高のツールです!

 

 

という事だそうです。

私も実際に操作してみることがあれば別途レビューを書きますが、弊社のこのスタッフさんはSIRIUSやWordPressの扱いには割と慣れている人なので参考になるかなと思います。

 

 

販売ページをご覧になる方は >> AXIS公式サイトはこちら

コピペチェックツール「コピペリン」レビュー

読了までの目安時間:約 4分

 

eye_ol

どうも、そうまいです。

 

サイトを運営していくにあたり、ちゃんとしたサイトを育てていこうと思うと、コンテンツのコピペチェックはしっかりと確認しておかなければなりません。

 

このチェックを怠ると、知らず知らずにペナルティを受ける事にもなりかねません。

 

 

とは言え、巷にある評判の良いコピペチェックツールは金銭的な負担が大きいのが現状です。

 

「でも、やっぱり簡単にでもチェックはしたい」

「安価で手軽にチェックできるツールが欲しい」

 

といった人も多いでしょう。

そこでお勧めしたいのがコピペリンです。

 

 

公式サイトはこちらから >> コピペリン

 

 

 

コピペリンを使ってみた感想

私はライターさんからあがってきた記事を主にチェックしています。私がチェックしたり、スタッフさんにチェックしてもらったりですが。

 

300文字程度のチェックだと30秒ぐらいかと思われます。

文字数が多くなればなるほど当然時間はかかるのですが、チェックしている間は他のことをしておけば良いので特に問題はありません。

 

 

  • テキストファイルを読み込ませる
  • テキスト文章を直接コピペする

 

などをすれば、簡単にネット上の文章との重複やファイル同士の重複のチェックもできるのでとても便利です。

 

 

昨日の割に価格がほかと比べて安い

チェック回数に一切制限もないですし、機能を考えると1ライセンスあたり月500円とかなり安いです。

 

チェック回数が100回と制限されている某サービスは月4200円となっていますし、このサービスの最高プランは2000回の検索までで月52500円なので、この安さがわかりやすいかと思います。

 

大学の卒論のコピペチェックなどにも使われている某コピペチェックツールのライセンスを思えば10年以上使える計算になります。

 

 

上記のサービスを使ってみたことがないので精度の差や機能の差は正確にはわかりませんが、コピペチェックツールのデビューとしては確実に十分だと思います。

 

弊社では現在このサービスをふんだんに使っています。

周りにも積極的におすすめしているサービスですね。

 

 

公式サイトはこちらから >> コピペリン

 

 

WEBマスターツール未登録サイトが手動ペナルティを受けたときの対処法

読了までの目安時間:約 2分

 

095

どうも、そうまいです。

 

GoogleのWEBマスターツールに登録していない未登録サイトが手動ペナルティを受けたときの対処法について解説します。

 

前回の記事「2014年1月22日のGoogleパンダアップデートの手動ペナルティについて」で紹介した事例のサイトの後半に話したサイトについては、実はWEBマスターツールに登録していない未登録サイトでした。

 

なので、登録サイトの動向と同日の検索順位の動きからペナルティを受けたものと推測していたのですが、結論として推測通り手動ペナルティを受けていることが確定しました。

 

 

何故、わかったのか?

 

 

ペナルティを受けてからWEBマスターツールに登録しても警告が確認できた

1月22日から1週間以上経った1月31日に該当サイトをWEBマスターツールに登録をしました。すると、管理画面に反映後すぐに「手動による対策」の項目を確認するとペナルティを受けている旨が確認できました。

 

ペナルティが確認できると再審査リクエストへのリンクが出ているので、再審査リクエストを行う事ができるようになります。

 

WEBマスターツールに登録していないと再審査リクエストができないので、ペナルティを解除したければ未登録サイトの場合はWEBマスターツールに登録するのも一つかもしれません。

 

今回の件は弊社の事例であり、必ずしもペナルティ後の登録でも警告が確認できることを保証するものではありませんのでご了承下さい。

2014年1月22日のGoogleパンダアップデートの手動ペナルティについて

読了までの目安時間:約 4分

 

095

どうも、そうまいです。

 

2014年1月22日、Googleパンダアップデートによる手動ペナルティのアップデートが行われ、弊社の稼ぎ頭のサイトが数個順位を落としたり圏外に飛ばされるなどされてしまいました。

 

※ちなみに、コンテンツ系の対策だったため、勝手にパンダアップデートとしていますが、正式にパンダアップデートだったかはわかりません。

 

 

 

今回、手動による対策でペナルティをうけたサイトはすべて「低品質コンテンツ」という名目によるものでした。

 

そのうちの1サイトは、正直これまで飛んでいないのがおかしいぐらいのサイト構成になっていたので、不思議ではありませんでした。こちらについては問題だったであろう部分のコンテンツを修正し、現在再審査リクエスト中です。月10~20万円を安定的に稼いでいたサイトなので、何とか復活してほしいところです。

 

 

問題はもう1サイトの方。

低品質コンテンツと言われるには到底納得がいかないぐらい、ちゃんとしたオリジナルコンテンツを掲載しているサイトでした。で、色々と調べてみた結果、弊社運営サイトのコンテンツの一部が完全にコピペされているのを発見しました。更には、そのサイトが私のサイトの代わりに上位表示されている状態です。

 

 

「ありえへんやろ…」

 

これが正直な気持ちです。完全にオリジナルのコンテンツを作成したサイトが圏外に飛ばされ、オリジナルのコンテンツを無断で盗用したサイトが上位に表示されているわけです。

 

さすがにこれは黙ってるわけにはいかないので、著作権侵害による削除から削除の申し立てを行いました。

 

2日後に承認され、弊社サイトからコンテンツを盗用していたページはインデックスを削除されています。

 

 

ただ、ここで更に問題が。

正確にはいつからかはわからないのですが、300位圏外になった24日かと思われますが、弊社サイトのコンテンツを盗まれていたページもインデックス削除をされていたのです。

 

ドメイン内の他のページは完全に残っているのでドメイン自体は大丈夫なのですが、そのページのみインデックスが削除されている状態です。

 

これに2日前に気づいたため、上記の著作権侵害の件を説明した文章を添えて再審査リクエストを昨日申請しました。

 

これでもし審査が却下された場合は、該当ページに更にオリジナルコンテンツを追加して対応しようと思っています。

 

また何かしらの結果が明確になりましたら、ブログ内にて報告します。

 

 

もし、これをお読みの方で1月22日前後に手動による対策のペナルティを受けた方がいらっしゃいましたら、情報の精度を上げる為、可能な範囲でコメント欄に情報をいただけたら嬉しいです。