アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

布団の訪問販売の営業成功例から学ぶ

読了までの目安時間:約 4分

 

098

どうも、そうまいです。

 

アフィリエイトというのは、いわゆる営業代行の一種です。

販売代理店ともいえるかもしれませんね。

 

なので、他業種の営業の成功例などから学べることも多いかと思います。

 

 

 

今回は、布団の訪問販売の営業で成功した事例から改めてアフィリエイトの優位性について考えてみたいと思います。

 

 

布団の訪問販売の営業成功例

布団の訪問販売とかって自宅に来た経験、ありますか?

 

私はないのですが、まぁ来たとしても買わないです。

なぜなら、布団を必要としていないから。

 

そんな家を何件も回る営業の人はすごいなと思います。

精神力がタフじゃないと続かないと思います。

 

 

 

でも、その成功例の方は、1日にたった数件しか回っていないのにバシバシと契約を取ってくるということ。

 

 

 

一体何をしたのか??

 

 

 

「マンションを見ていて引っ越しをしてきたばかりの家だけを回った」

 

 

 

やっていたことはたったこれだけだそうです。

これにより、少ない件数で成約を増やしていたということです。

 

 

この成功例をアフィリエイトに置換

上記の事例は、アフィリエイトでいうと「キーワードを絞る」に相当するかと思います。

 

 

 

  • 闇雲に一軒一軒回る = ビッグキーワード
  • 引っ越してきた家だけ回る = ニッチキーワード

 

とも言えるでしょう。

 

 

 

たとえば、「キャッシング」というキーワードなら、

 

  • キャッシングの意味について調べたい人
  • キャッシングについて少し詳しく調べている人
  • キャッシングで実際に借りようと思っている人

 

など、さまざまな人がアクセスしてきますが、実際にアフィリエイトの成約に結び付くのはごく限られた人だけになります。

 

 

 

でも、「キャッシング 今すぐ」というキーワードなら、

 

  • 今すぐにキャッシングでお金を借りたい

 

という人だけがアクセスしてくることになります。

 

 

 

全体のアクセス数は圧倒的に少ないけど、検索の言葉がより成約に結び付きやすいキーワードだけにアクセス数に対しての成約率は圧倒的に上がります。

 

先の布団の訪問販売の方は、まさにこれを行っていた事になります。

 

 

 

このように、対策するキーワードをより成約に結び付きやすい濃いキーワードに設定することで、場合によっては闇雲にビッグキーワードを狙うよりも少ない労力で多くの成約を取っていくことも可能になるということですね。

 

上記の例のマンションが1キーワードだと置換するとわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

何か参考になれば幸いです。

 


 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. のぶ より:

    こんにちは。
    ピンポイントで絞って狙っていくことは大切ですよね。
    とても参考になりました。

    応援ポチしていきますね!
    また遊びに来ます。

    • admin より:

      >のぶさん

      はじめまして、そうまいです。
      属性を絞る事で成約率は上がりますよね。
      より成約率を高めるなら、この考えは参考になりますよね。

      またよろしくお願いします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント