アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

アフィリエイトで法人化をするメリット

読了までの目安時間:約 4分

 

098

アフィリエイトで法人化をするメリットについてお話したいと思います。

 

アフィリエイト報酬月30万平均の場合

個人事業主

仮に経費が0としたら、所得金額が360万円になります。

 

青色申告なら、ここから青色申告控除で65万円、基礎控除で38万円が引かれます。

他に控除がないとすれば、課税所得金額が257万円となります。

 

ざっくりですが、所得税は約16万円。

住民税が30万ほどで合計46万円程度になります。

 

もし青色申告にしない場合、

所得税は20万ほど、住民税は36万ほどになり、

合計で56万円ほどの税額になります。

 

ここから更に個人事業税がかかります。

上記の例であれば所得金額は360万円で

控除額が290万円になるので課税対象は70万で

5%の3.5万円が事業税として必要になります。

 

利益が360万円残った場合は、およそ50万円程の税金が必要になりますね。

(青色申告時)

法人

法人の場合は個人事業主とは違い、最初に給与を決める必要があります。

 

仮に事前に月30万と決めていた場合、所得金額は360万円。

ここから給与所得控除で65万円、基礎控除で38万円となります。

他に控除がないとすれば、課税所得金額が257万円となります。

 

ざっくりですが、所得税は約16万円。

住民税が30万ほどで合計46万円程度になります。

 

ここまでは個人事業主と一緒です。

ただ、ここからが違うのが、何点かあります。

 

まず、個人事業税の代わりに法人税。

利益の40%と均等割で7万円前後(地域により異なる)

 

仮に360万円まるまる給与所得としたら、

法人としての利益は0なので均等割だけになります。

 

 

次は、アフィリエイト報酬が急激に伸びた場合。

得てしてアフィリエイト報酬というのは一気に数十万単位で増えたりします。

 

こうなった際でも、個人の所得は給与で変わらないので

個人の税金の変動はありません。

 

法人として利益が出たら法人税が発生しますが、

個人事業で同じ分だけ利益が出た際の税金に比べると

大抵の場合は法人の方がお得なはずです。

 

 

更に、法人にした際に個人事業主を残しておく場合。

例えば、FX取引などをするとかもそうですし、

法人のアフィリエイト事業以外を個人事業で行うなどです。

 

これを青色申告するとしたら、

65万円までの利益は控除が受けられます。

 

全てが個人事業主だと利益すべてに税金がかかってきます。

給与所得と事業所得を分けることで

給与所得控除と青色申告控除の両方を受けることが可能になります。

 

少しややこしいですが、

この違いを知っておくと法人にしない理由がないほどですね。

 

また何か思いついたらこのカテゴリーに追加していきますね。


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: