アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

検索順位が圏外に飛んだサイトを復活させたSEO施策事例

読了までの目安時間:約 4分

 

095

どうも、そうまいです。

 

「検索順位が圏外に飛んだ…どうしたらいいの?」

 

そんなあなたに、参考となる事例がお話できるかもしれません。

 

弊社運営のアフィリエイトサイトで、先月10月末に検索順位5位から200位以下まで順位を落としたサイトを今月11月後半に検索順位6位に戻した事例を紹介します。

 

と言っても、これは同業の友人に相談してアドバイスをもらって、それをもとにやったので、あまり偉そうには語れないのとアドバイスの内容自体は語れないのですが、順位が戻るまでにした施策自体はアドバイスを参考にして自分が判断してやった部分ですので、せっかくなので紹介しておきます。

 

 

検索順位が圏外に飛んでから戻るまでにしたSEO施策

しばらく様子見

一時的に下落して数日内に元に戻ることはよくありますので、しばらく様子見しました。

 

弊社では2週間程度様子を見ることにしています。

 

原因の仮説を立てる

2週間ほどしても戻らないので、本格的に落ちたと判断。

ここから「原因は何なのか?」の仮説を立ててみました。

 

今回、落ちる前の直近で特にコンテンツの追加や修正を行っていない為、外部的要因があるのではないかと仮説。

 

 

仮説した原因を精査

結構昔(法人設立前)に作ったサイトですので、管理もちゃんとしておらず。

ツールで被リンクを調査しました。

 

調査したところ、一時期SEO対策として有効だったリンク集ページからの無機質なリンクがいくつかあったため、ひとまずこれを削除してみようと判断。

 

 

具体的施策

かなり具体的に書くと、そのサイトには全部で16個のドメインからリンクを当てていました。(ツールで見つけたもののみですが)

 

その16個中、6個のリンクがリンク集ページからのリンクでジャンルも全く別のジャンルからのリンク。

 

さらには、そのリンク集ページはすべて同じようなページになっており、ミラーページと判断されても仕方ないページでした。

 

すべて同じ日にリンク集ページ6サイトから全てリンクを撤去。

 

 

施策後から復活まで

施策後9日間は特に大きく動きはありませんでしたが、10日目に一気に順位が戻り、圏外に飛ぶ前は5位だったサイトが6位にまで復活しました。

 

 

結果から導いた仮説

今回の結果から導いた仮説は

 

  1. 同じようなページから複数のリンクを送っていた
  2. 全くジャンルの関係ないサイトからのリンクが多かった
  3. アンカーテキストの比率が偏っていた

 

これらのどれか、もしくは複合的な要因で順位が下げられたものと仮説を立てました。

 

 

 

このまま順位を維持できる様なら、この仮説がおおよそ正しいかと思われます。

 

今後、また大きく落ちるのか、このまま上位で安定するのかわかりませんが、大きな動きがあれば、また報告したいと思います。

 

 


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント