アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

WEBマスターツール未登録サイトが手動ペナルティを受けたときの対処法

読了までの目安時間:約 2分

 

095

どうも、そうまいです。

 

GoogleのWEBマスターツールに登録していない未登録サイトが手動ペナルティを受けたときの対処法について解説します。

 

前回の記事「2014年1月22日のGoogleパンダアップデートの手動ペナルティについて」で紹介した事例のサイトの後半に話したサイトについては、実はWEBマスターツールに登録していない未登録サイトでした。

 

なので、登録サイトの動向と同日の検索順位の動きからペナルティを受けたものと推測していたのですが、結論として推測通り手動ペナルティを受けていることが確定しました。

 

 

何故、わかったのか?

 

 

ペナルティを受けてからWEBマスターツールに登録しても警告が確認できた

1月22日から1週間以上経った1月31日に該当サイトをWEBマスターツールに登録をしました。すると、管理画面に反映後すぐに「手動による対策」の項目を確認するとペナルティを受けている旨が確認できました。

 

ペナルティが確認できると再審査リクエストへのリンクが出ているので、再審査リクエストを行う事ができるようになります。

 

WEBマスターツールに登録していないと再審査リクエストができないので、ペナルティを解除したければ未登録サイトの場合はWEBマスターツールに登録するのも一つかもしれません。

 

今回の件は弊社の事例であり、必ずしもペナルティ後の登録でも警告が確認できることを保証するものではありませんのでご了承下さい。


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント