アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

ライバルサイトの検索順位を落とす方法

読了までの目安時間:約 5分

 

095

どうも、そうまいです。

 

「ライバルサイトの検索順位を落とす方法」

 

 

 

本当は教えたくないのですが…このページにたどり着いたあなたのためにとっておきの方法を暴露してしまいましょう。

 

 

 

その前に、巷でよく言われるのが「逆SEO」ですよね。

 

低品質なサイトから大量のリンクを貼りつけてペナルティを受けさせようというもの。

 

実にくだらない発想です。

負け組がやることです、こんなことは。

そして、負け組の発想が勝ち続けることなんてないです。

 

 

ただ、この商売を最初に考え付いた人は上手いなとは思います。

 

 

 

この逆SEOですが、ある程度Googleも見抜くようになってきていると言われています。

 

上位表示されているサイトはリンクされることが多い反面、嫌がらせも多くなりえる事はGoogleもわかっているでしょう。

 

今現時点でどこまで対応しているかはしりませんが、グレーゾーンのリンクは無効化されると思っていた方が良いかと思います。

 

つまり、逆SEOで貼り付けるようなリンクは無効化されるだけであって、ペナルティの対象にはなりづらいということです。

 

私がGoogleのアルゴリズム担当の部署にいたら、間違いなく提言しますしね。

 

 

 

 

 

 

で、とっておきのライバルサイトの検索順位を落とす方法ですが…

 

 

 

 

 

 

 

同じキーワード(対策キーワード)で複数サイトを作りSEOを施し、自サイトが複数ライバルサイトの上にいくようにすれば、結果的にライバルサイトの検索順位を落とすことができます。

 

「ライバルサイトの検索順位を落とす」みたいなワードで検索してこのページにたどり着いて、今これを読んでいるあなた!

 

ライバルサイトに対して何かを仕掛けて落とそうとするという負け組の発想はやめにして、自分のサイトを充実させるなり、自サイトを上げるためのSEOの研究などに時間を費やして、ちゃんと真っ向からやりましょうよ(笑)

 

楽してライバルサイトを落とそうなんてね、甘いんですよ。

そんな考えで継続して勝てるはずないですし。

 

 

 

くだらない負け組の考えで、夢みたいな方法がないか探してこのページにたどり着いたあなたは、きっとこの記事を見てイラッとしたでしょう。

 

イラッとしたということは、図星ということです。

図星ということは、本当は自分は間違った発想をしているとわかっているはずです。

 

間違っているとわかっているのなら、正々堂々と自分のサイトの検索順位を押し上げる事、それに対する研究、検証だけに注力すべきだと思います。

 

 

 

SEOに関わる一人でも多くの人から、「ライバルサイトを蹴落とす」という「他力本願的な発想」がなくなる事を心から願います。

 

 

ライバルサイトSEO調査【大人ニキビ】

読了までの目安時間:約 4分

 

095

どうも、そうまいです。

 

この記事を書いている現在で、「大人ニキビ」で1位にいるサイトのSEO状況をサクッと調査してみましたので、メモ代わりとして書いておきます。

 

ライバルサイトと書いてますが、私は特に「大人ニキビ」の単体ワードで狙うつもりはありません。

 

ただ、調査をしていて、本気で狙えば1位を狙えなくはないワードかなとは思った次第です。

 

 

ライバルサイトSEO調査

対策ワード情報

  • 対策ワード:大人ニキビ
  • 月間検索回数:9900回

 

※検索回数はグーグルキーワードプランナーを参照。

 

 

SEO対策状況

 

  • H1タグ:大人ニキビ研究室
  • メタキーワード:なし
  • メタディスクリプション:なし

 

  • 被リンクドメイン数:10
  • 被リンクサイトPR:PR2×10

 

  • アンカーテキスト:

大人ニキビ…3

大人ニキビ研究室…5

大人ニキビ研究室はこちら…1

大人ニキビ研究室へ…1

 

  • リンク位置:

個別記事の最下部…7

トップページメインコンテンツ最下部…3

 

 

メモ

被リンクサイトはすべてPR2の中古ドメインで、SEO的にペナルティを食らう可能性があるとされる中国系のドメインも混ざっていた。

 

メタキーワードとメタディスクリプションの設定がされていないのはわざとかと思われる。

 

また、対象サイトは、こちらのテンプレートをカスタマイズして使っていると推測。

 

 

対策ワードの「大人ニキビ」、H1タグの「大人ニキビ研究室」がすべてのアンカーテキストに含まれている点は個人的に少し気になる。

 

ドメイン取得から約半年経過している今、実際に上位表示されているので、今後どうなるかはわからないが、やはりアンカーテキストに対策ワードが含まれている数が多いと上位表示に結び付きやすいのだと思う。

 

 

あと、このサイトの日本語ドメインの様子からも、日本語ドメインが対策ワードのみの文字じゃないと上位表示できないというのは都市伝説であると言える。

 

ただ、いつから上位表示されていていつまで上位にいるのかわからないので、少し今後も動向を調査しておきたいサイト。