にほんブログ村 日本語ドメイン 登録方法

アフィリエイトで稼ぐ!アフィリエイト生活

本当は教えたくないアフィリエイトの話。

にほんブログ村に日本語ドメインは登録できる?

読了までの目安時間:約 2分

 

nihongodomain2

どうも、そうまいです。

 

「にほんブログ村に日本語ドメインは登録できるのか?」

 

 

 

結論から書くとできます。

実際に私も何サイトか登録していますので。

 

でも、http://あああ.com/みたいに日本語そのままでは登録できないと思います。

 

PUNYコードと呼ばれるものに変換してから、そのURLにて登録する必要があります。

 

 

にほんブログ村への日本語ドメイン登録方法

 

ブログじゃないのですが、私の日本語ドメインサイトをサンプルに解説してみます。

 

ブラウザは、GoogleChromeを使ってください。

 

nihongodomain

 

 

 

URLが表示される部分にこの様に表示されているかと思います。

このURLをそのままコピーします。

 

URLを全選択状態にして、「ctrl+c」でコピーします。

 

 

 

次に、にほんブログ村の新規登録画面のブログURLの部分に、そのコピーしたものを「ctrl+v」でペーストします。

 

すると、このようにPUNYコードに変換された形で入力されます。

 

nihongodomain2

 

 

 

 

あとは、そのまま普通に入力して登録するだけです。

 

 

是非やってみてください。

 

 

日本語ドメインは今でも有効か?

読了までの目安時間:約 4分

 

095

どうも、そうまいです。

 

「日本語ドメインは今でも有効ですか?」

 

日本語ドメインを使った事がない方から、よく受ける質問です。

それについて、私なりの回答をしたいと思います。

 

 

 

これは記事を投稿した2013年11月29日現在の話です。

 

結論から書くと、日本語ドメインは今でも有効です。

これは間違いなく言えると思います。

 

ただ、昔ほどの優位性はないと感じています。

 

 

2011年末~2012年前半頃と今の日本語ドメインの効果の違い

私が日本語ドメインを使い始めたのが2年ちょっと前ぐらいからだと思いますが、その時は弱いキーワードだったらキャッシュされると同時に検索1位!という現象が多発していました。

 

なので、作った翌日から報酬が発生するなんてこともままありました。

 

最近はここまでの効力は私自身見たことがありません。

当時と比較すると、そういった意味での優位性は落ちていると思います。

 

 

私自身、現在でも日本語ドメインは使っていますし、実際に短期間で上位表示されているサイトもいくつもあります。

全くの被リンクなしで2ページぐらいまでなら、キーワードによっては来たりしますし、少し前ならいきなり1ページ目というのもたまにはありましたね。

 

 

現状で有効と思われる日本語ドメインの使い方

個人的には、

 

日本語ドメイン+中古ドメイン

 

の組み合わせが今は良いかなと思っています。

 

 

 

日本語ドメインでターゲットサイト(収益化するサイト)を作成し、中古ドメインでサテライトサイト(被リンクサイト)を作成して日本語ドメインのサイトにリンクするという形です。

 

キーワードによっては、中古ドメイン数サイトからリンクすれば検索1位を取れます。

 

これは実際に私が過去に何度も実現しているので、現時点では断言ができます。

 

 

中古ドメインをこれから初めて使うなら

これから中古ドメインデビューするならこちらのサービスをお勧めします。

 

 

>> ザンワーズ ランクS

 

>> ザンワーズ ランクA

 

 

2種類ありますが、圧倒的にランクSをおすすめします。

で、1年ぐらいサービスを継続して色んなドメインを使ってみながら、中古ドメインの感じを掴んだら自身で探したりするといいかもしれません。

 

おそらくですが、最初から自分で探すと高い確率で失敗すると思います。

 

 

 

さて、話が少しそれましたが、以上の様な私の経験からも、日本語ドメインは現在でも有効だと言えます。

 

また日本語ドメインについてもあれこれ書いてみようかなと思います。